クリュ ボージョレ

丘陵に広がるワイン

名高いブルゴーニュのワイン畑の南部に位置し、マコンに近い場所にドメーヌ・ド・ボワシャンのワイン畑があります。丘陵に広がる素晴らしい景色の中心に、傾斜40度にまでに渡る急斜面にブドウの幹は根をおろしています。

私たちのブドウ畑は標高300~400mに位置し、年間を通して高品質のブドウを生産するのに好ましい冷涼な気候の恩恵を受けています。

醸造所はジュリエ村の中心にあります。

穏やかな気候に恵まれた伝統のあるブドウ畑

今日言われるように、ブドウの樹はローマ人によって運ばれ、古代からブドウ栽培は行われていました。ソーヌ河の東側に隣接するボージョレは、17世紀に発展した河川交易の恩恵を受けます。その後、ワインは評判を呈し、パリやリヨンで人気を集めました。

地中海気候、大西洋気候、大陸機構などの影響を受けた気候は、この土地の唯一のガメイ種に適し、繊細なアロマを生み出します。

17ヘクタールにおよぶブドウ畑

2018年にワイナリーを取得した時に13ヘクタールの畑を所有しましたが、新たに3区画を購入して畑の種類を広げました。

フルーリ、シェナ、モルゴンはすでに有機栽培を行っており、新たに加わるジュリエナは2019年のヴィンテージのものからになります。

それに加え4.5ヘクタールの雑木林がブドウ畑の周辺にあり、共に生態系に有益な生育を展開しています。

信頼のパートナー

私たちは同様に信頼できるパートナーと仕事をしています。カイエ・ド・シャルジュ(仕様書)と私たちの価値と野心が一致しているので、厳格さと制約を保ってカーヴで醸造を行い、ワインを熟成させるための最高のブドウ造りを行います。

2018年ヴィンテージではフルーリ、サン・タムール、ボージョレ・ヴィラージュ(白)をお勧めいたします。ムーラン・ナ・ヴァンは2019年よりシリーズに加わります。