フルーリ

ボジョレー地区のAOCフルーリの耕作面積は856ヘクタール、クリュ・ボジョレーの中心に位置し、フルーリ村単独のAOCワインです。最良の10の地区の一つのクリュ・ボジョレーとして1936年にAOC(原産地呼称)に認められました。クリュ・ボジョレーの中で最も女性的と言われ、フルーリーのワインは繊細で華やかでエレガントなアロマをそなえます。若いうちから楽しめるワインですが、長期熟成も可能。時を経ることにより複雑性が感じ取れます。 伝説によるとフルーリ村の名は、フロールという名前のローマ兵に由来すると言われています。 所有畑 : 買いブドウを使用し、ドメーヌで醸造。リユディは「ラ・プレル」および「シャルボニエール」   位置 :フルーリはその名が示すように浅い層からなる純粋な花崗岩土壌。畑は急斜面にあり、信じられないほどの繊細なタンニン感を得ることができます。フルーリのワインは10あるクリュ・ボージョレの中で最も繊細なワインです。 品種 : ガメイ・ノワール 土壌 : 浅い層に変質した岩石質を含む花崗岩土壌 畑面積 : 2列の柵の総面積1.4440ヘクタール 畑の方位 :南東および北東 作付け : 1952年1.4440ヘクタール

サン・タムール

ボジョレー地区のAOCサン・タムールの耕作面積は325ヘクタール、主にマコン地区の南部ソーヌ・エ・ロワール県に位置しています。最良の10の地区の一つのクリュ・ボジョレーとして1946年にAOC(原産地呼称)に認められました。サン・タムールのワインは力強く、厚みと骨格があると同時に複雑性を備えたワインです。長期熟成向きで、収穫から4~5年後にひらくワインです。 サン・タムールの名前は、スイスのヴァレーの虐殺を逃れ、ガリアに避難し、キリスト教徒に改宗したローマの兵士アモールの名前に由来します。 所有畑 :買いブドウを使用し、ドメーヌで醸造。リユディは「ラ・グランド・シャリエール」 位置 : サン・タムールは10のクリュ・ボジョレーのうち最北に位置し、行政管理地区としてはブルゴーニュ・フランシュ・コンテ地域圏。テロワールは多様で豊かな土壌。ワインは熟成向きでローヌワインの親戚のようなタイプ。 品種 : ガメイ・ノワール 土壌 : わずかな石を含む古代の山麓沖積層 面積:52.68アール (1アールは1畝:99.17 m²) 畑の方位 : 南向きの柵を持つ平地 作付け :1967年:52.68アール

ボージョレ・ヴィラージュ・ルージュ(赤)

最良の丘陵地に広がるボジョレー・ヴィラージュのワイン畑はボジョレー地区の北部に位置します。ボジョレー地区の南部の粘土石灰質を含む土壌と花崗岩土壌の異なるタイプのワインを生み出します。 所有畑 : 位置 : プルミエ・メロン・ド・ラ・シェーヌはドメーヌの所有するジュリエナの畑に隣接する畑のブドウから作られ、畑の方位は主に北に位置しており、ブドウの熟成には最も時間を要します。 品種 : ガメイ 土壌 : 青く変質した小石の深層土壌 面積 : 2.12ヘクタール 畑の方位 : 北向き 作付け :1971年13 アール, 1979年30アール …

ジュリエナ キャトル・スリズィエ 

ボジョレー地区の村名AOCジュリエナの耕作面積は580ヘクタール、行政地区としてジュリエナ村、ジュリエ村、プリュズイィ村に跨ります。最良の10地区のクリュ・ボジョレーの1地区として1938年にAOC(原産地呼称)に認められました。その土地ならではの品種は長期熟成可能な赤ワインを生み出します。 ジュリエナの名前はジュリアス・シーザーに由来。ガリア戦争時代にローマ軍隊が喉の渇きを癒すためにその土地に休憩に立ち寄ったことより付けられました。 所有畑 位置 : ジュリエナの畑はボジョレーに広がる花崗岩土壌の高山の麓にあり、20~45度の急斜面に位置します。その痩せた土壌はブドウ栽培に適し、下層土の構造は高品質のワインとして必要な力強いタンニンを与えます。 品種: ガメイ・ノワール 土壌 :変化に富んだ花崗岩土壌の下に、変質した青色石質土壌の浅い層 面積 : 1.05ヘクタール 畑の方位: 東向き 作付け :1980年 : 27. 45アール 、1992年 …

ボージョレ・ヴィラージュ・ブラン(白)

最良の丘陵地に広がるボジョレー・ヴィラージュのワイン畑はボジョレー地区の北部に位置します。ボジョレー地区の南部の粘土石灰質を含む土壌と花崗岩土壌の異なるタイプのワインを生み出します。 所有畑 : エメランジュ村のリユ・ディ「ル・ルプラ・ドゥヴァヴル」(区画名)の買いブドウを使用し、ドメーヌで醸造。 位置 : エメランジュの畑は北東に位置し、土壌はシャルドネ品種にとても適しています。粘土と古い崩積物による豊かな土壌はゆっくりと均質なブドウの成熟をもたらします。所有畑はルモン山とオー・ボージョレの麓に位置します。エメランジュ村はボージョレ・ヴィラージュのみを生産します。 品種 :シャルドネ 土壌 : 古い崩積物の砂利質土壌 畑面積: 50アール (1アールは1畝:99.17 m²) 畑の方位 :北東向きの柵を持つ平地 作付け : 2012年 50アール

ジュリエナ ボヴェルネ

ボジョレー地区の村名AOCジュリエナの耕作面積は580ヘクタールに及び、行政地区としてジュリエナ村、ジュリエ村、プリュズイィ村に跨ります。 最良の10地区のクリュ・ボジョレーの一つとして1938年にAOC(原産地呼称)に認められました。その土地ならではの品種は長期熟成可能な赤ワインを生み出します。(平均10年、ワインによってはそれ以上の熟成を経ます) ジュリエナの名前はジュリアス・シーザーに由来。ガリア戦争時代にローマ軍隊が喉の渇きを癒すためにその土地に休憩に立ち寄ったことより付けられました。 畑の情報 : 位置:ジュリエナはボジョレーに広がる高山の花崗岩土壌からなる麓に位置します。 ブドウ畑は急斜面(20~45度)にあります。この地方特有のガメイのブドウが栽培されている土地は痩せていて、高品質のワインの生産に最適です。親しみやすいワインに仕上げるためには、土壌がもたらす力強いタンニンを抑える必要があります。 品種 : ガメイ・ノワール 土壌 : 変化に富んだ花崗岩土壌の下に、変質した青色石の浅い層 所有畑面積 :1ヘクタール1419 畑の方位 : 南 作付け :1962年25.79アール 1982年29.33アール 2014 …